健康経営優良法人

「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました

健康経営優良法人2021

オルバグループは、「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。昨年に引き続き、二度目の認定となります。
この認定制度は、経済産業省が主導する健康経営を推進する取り組みで、企業が行っている地域の健康課題に関連した取り組みや日本健康会議(※)が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な「健康経営」を実践している法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

  • (※)日本健康会議とは、少子高齢化が急速に進展する日本において、国民 一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。
    (日本健康会議の詳細はこちら)

健康経営優良法人認定制度の詳細はこちら

健康経営に向けた取り組み

オルバグループでは、健康経営推進のためさまざまな取り組みを行っています。

禁煙・卒煙の取り組み

2019年から「就業時間中禁煙」とし、社員の禁煙・卒煙を推奨しています。残業時間も含めて業務中は完全禁煙、会社敷地内も全面禁煙とし、社員の健康保持・増進を図ると同時に、効率的な働き方の実現もめざしています。
また、家族や周囲の方々の受動喫煙被害を防ぐことを目的として「禁煙サポート制度」も設けています。禁煙外来を受診して禁煙パッチ・ガムや禁煙アプリを利用する場合や、ドラッグストアで市販の禁煙パッチ・ガムを購入する際に、その費用の一部を補助し、禁煙をめざす社員を後押ししています。

部活動のサポート制度

運動を通じて社内コミュニケーションを活性化すること、社員が心身ともにリフレッシュすること、定期的な早帰りを促進すること、などを目的として、クラブ・サークル活動への補助制度を設けています。現在、フットサル、サッカー、野球のチームが定期的に活動しています。

そのほかにも、インフルエンザワクチンの接種費用補助、会社内の自動販売機に「特定保健用食品(トクホ)」の製品を設置する、健康に関するセミナーや研修を行うなど、さまざまな取り組みを行っています。

オルバグループは、今後も従業員の健康維持・増進につながる取り組みを推進し、地域の医療・介護インフラを担うヘルスケア企業グループとしての社会的責任を果たしてまいります。