次の100年もつなぐ、人と未来。100th ANNIVERSARY

2021年 創業100周年を迎え、
オルバヘルスケアホールディングスとして
新たな一歩を踏みだします

MESSAGE

ビジネスを通じて
医学・医療・介護の発展に貢献し、
国民の健康長寿に寄与する

前島洋平社長

創業100周年を迎えるにあたって

株式会社カワニシホールディングスは、このたび創業100周年を迎えました。これを記念するとともに、次の100年に向けて心を新たにする意味も込めて、商号をオルバヘルスケアホールディングス株式会社へと変更いたしました。

この節目の年を迎えることができたのは、ひとえに、今日までご指導ご支援、そしてご愛顧頂いてきたお客様、お取引先様、地域社会ならびに株主の皆様のおかげと、深く感謝しております。また、今日のグループがあるのは、100年の歴史のなかで真摯に職務に取り組み、信頼と実績を積み重ねてきた諸先輩方一人ひとりの努力があったからこそであり、尊敬の念に堪えません。

当社の前身である川西器械店は、1921年、岡山の地で医療器材販売事業を営みはじめました。その後、第二次世界大戦の混乱期を乗り越え、高度経済成長の波に乗り、国民皆保険制度の確立という追い風を受けながら成長の礎を築き、現在では、東北、関東、近畿、中国、四国と、全国に50以上の拠点を持つヘルスケア企業グループとなっています。
創業当初から今日に至るまで事業を拡大し、成長を続けるなかで、わたしたちが大切にしてきた価値観があります。それは、いかなるときもフェアーであること、そして、謙虚に学ぶ姿勢を持ち続けることです。この価値観は、わたしたちの企業理念である「社員憲章」にも高々とうたわれており、連綿と引き継がれるDNAとして社員一人ひとりの心に深く刻まれ、グループの企業風土を形成しております。

近年、わたしたちを取り巻く社会・経済環境は、かつてないスピードで変化しています。
しかし、どんな時代であっても、人々が安心・快適な暮らしを送るうえで、医療・介護の果たす役割は大きく、社会のインフラとして欠かせないものであることに変わりはありません。
わたしたちは、「ビジネスを通じて、医学・医療・介護の発展に貢献し、国民の健康長寿に寄与する」
というパーパスのもと、これまで尊んできた価値観を守りながら、地域医療の一端を担うヘルスケアグループとしての責任を果たしてまいります。
あわせて、新たな時代を切り拓くリーディングカンパニーとして挑戦を続け、次の100年も社会から必要とされるサステイナブルな企業体をめざして歩んでまいります。

オルバヘルスケアホールディングス株式会社
代表取締役社長

前島洋平

PROJECT

100周年記念事業

オルバグループが創業100周年を迎えるにあたり、8つのプロジェクトがはじまりました。グループの心をひとつにする、それぞれのプロジェクトについてご紹介いたします。

Read more

MOVIE

みなさまに支えられ、紡いできた軌跡
創業100周年を記念した
アニバーサリームービーです。

HISTORY

100years 大正の創業から令和まで

オルバグループが100周年という節目の年を迎えるまでには、戦争、法制度の改正、事件・事故、技術革新、自然災害など、いくつものターニングポイントがありました。創業から今日までのグループをとりまく歴史を写真とともに振り返ります。
(参考資料:「生命現象としての企業史 ―カワニシホールディングスの90年」他)

川西器械店の幕開け

1921(大正10年)

5月1日、川西器械店設立。創業者は寺岡清照、出資者は清照の父・川西新太郎。

創業者 寺岡清照氏
創業者 寺岡清照
(1900-1989)
1924(大正13年)

日本初の医療機器展示会(参考館)開催(於・東京帝国大学法学部第29番講堂)。川西器械店はミクロトームを出品。岡山地域で唯一の出品者だった。

『医科器械学雑誌』
医科器械展示会・出品目録に、「岡山市 川西器械店」の名が掲載されている(『醫科器械學雜誌』)。

展示会最終日に開かれた日本医科器械学会第1回総会に、寺岡清照出席。

1927(昭和2年)

川西器械店を合資会社に改組。

1931(昭和6年)

満州事変。翌年満州国の建国を宣言。

1932(昭和7年)

満州国立佳木斯(チャムス)医科大学が設立され、川西器械店は同学に納入。

1939(昭和14年)

第二次世界大戦開戦。

1944(昭和19年)

サイパン島が占領され、B29爆撃機による日本本土への空襲が始まる。戦況の悪化にともない、川西器械店の売上台帳に傷痍軍人療養施設への納入が目立つようになる。

当時の売上台帳
当時の売上台帳。傷痍軍人岡山療養所の売上が記載されている。
1945(昭和20年)

川西器械店の売上台帳に記載されている最終日は、6月18日。三菱重工第七製作所からの代金432円の入金記録だった。4日後、同製作所は米軍機の爆撃で壊滅的な打撃を受ける。

6月29日、岡山大空襲。焼け跡の金庫に、川西器械店の売上台帳が残る。

岡山大空襲後の市街地
岡山大空襲で市街地は焼け野原と化し、川西器械店の店舗も家屋も焼失した。
岡山大空襲後、焼け跡の金庫に残っていた7冊の売上台帳。
岡山大空襲後、焼け跡の金庫に残っていた7冊の売上台帳。

8月15日、終戦。

100th ANNIVERSARY

100周年を記念して発足した
プロジェクトをご紹介します。

100周年記念事業について